花を花瓶で長持ちさせる方法6選

お花

花瓶にお花を生けて、気がついたらお花が枯れてしまっていたということはありませんか?

お花は少しでも長持ちさせて楽しみたいものです。

花瓶に生けたお花をそのままにしておくと、せっかくのお花も長生きできずに枯れてしまいます。

今回は、お花を花瓶で長持ちさせる方法6選をご紹介します。

花を花瓶で長持ちさせる方法「水揚げをする」

お花を手にしたら先ず最初に「水揚げ」をしましょう。

「水揚げ」の中には「水切り」という方法があり、一般的によく知られている方法です。

準備するものは

消毒した花きりばさみ(熱湯消毒でOK)

綺麗にあらった花瓶

バケツなどの深さのある入れ物です。

「水切り」の方法は

茎の切り口を水の入ったバケツの中に浸けたまま茎の切り口の少し上(2~3㎝)を斜めに切ります。

そうすることで、切り口から空気が入ることなく十分水分を吸える状態を作ります。

切った茎をそのまましばらく水の入ったバケツに浸けておきましょう。

お花も、葉っぱもシャキッとして生き生きしてきたら、水揚げ成功です!

るる
るる

私たちは市場にでると根っこから水分を吸収できなくなるの。だから「水切り」って大切なのよね。

なな
なな

茎の断面を広くしてもらえばたくさん水分が補給できるよね。

るる
るる

しばらく日にちが経ってから再び水切りをしてもらうと、繁殖した細菌からも身を守れるわ。

「水揚げ」の方法は他にもあります。

ほとんどのお花はご紹介した「水切り」の方法でもよいのですが、お花によっては変える必要があります。

お花に合った「水揚げ」の仕方を知りたい方は、お花の特徴をよく知っているお花屋さんに直接聞いてから行った方がよいでしょう。

花を花瓶で長持ちさせる方法「茎をよく洗う」

花を花瓶に入れてしばらくすると、水に浸かっている茎の先端にぬめりが出てくることがあります。

そのような時は、茎をよく洗うようにしましょう。

何もせずそのまま何日間もお花を花瓶に入れたままにしておくと、ますます細菌が繁殖して花瓶から悪臭が漏れてしまう状態になります。

そうなってしまったら、お花の寿命を短くしてしまい、捨てなければならなくなります。

そのような状態にしないためにも、茎を洗い細菌を取り除くことが大切です。

また、プレゼントとしてしてもらった花束などには、保水のために茎の切り口にゼリーのような小さな袋が付けられていることがあります。

ゼリーには菌が繁殖しないような成分が含まれていることもありますが、花瓶に生けかえる場合は、流水できれいに洗い流してからの方がよいでしょう。

茎の洗い方は、やさしく傷つけないように気をつけてあげてください。

花を花瓶で長持ちさせる方法「毎日お水を入れ替える」

お花を長持ちさせるには、花瓶の中のお水を毎日入れ替えることが大切です。

新鮮なお水は、細菌の繁殖を抑え、お花を新鮮な状態に保つ役割を果たしてくれます。

一日一回は新鮮なお水に入れ替えてあげましょう。

そうすることでお花も元気を保つことができます。

ただし、花瓶に入れるお水の量は、あまり入れすぎることのないよう注意しましょう。

特にスイトピーなどの柔らかい茎のものは、茎の部分をすっぽりとお水につけてしまうと水を吸いすぎてしまい腐りやすい原因になります。

茎がお水に浸かりすぎることのないよう注意しましょう。

花を花瓶で長持ちさせる方法「花瓶を清潔に保つ」

お花を長持ちさせる方法は、花瓶を清潔に保つことです。

新鮮なお水は、清潔な花瓶でこそ保つことができます。

面倒だからとお水だけを取り替えるだけでは花瓶に付いた細菌がそのまま残ってしまい、新鮮なお水が再び濁ってしまいます。

お水を入れ替える時には、花瓶に流水をかけながらスポンジでしっかりとぬめりや汚れを取ってからお水を入れることを忘れないようにしましょう。

花を花瓶で長持ちさせる方法「花と花を密着させない」

綺麗だからと一つの花瓶にたくさんお花を生けてしまうと、花瓶の中の細菌も多くなり早く枯れてしまう原因になります。

花と花を密着させすぎると、水を入れ替える時などに花びらと花びらが接触して摩擦で傷ついてしまったり、花びらが壊れてしまう場合があります。

花束ならそのまま花瓶に入れるのではなく、2つの花瓶を用意して2つに分けてゆとりを持たせて生けるとよいでしょう。

るる
るる

そう、狭いところは窮屈だわっ。のびのびとさせてほしい!

なな
なな

そうよね!あまりにも近づきすぎるとストレスが溜まっちゃう!

花を花瓶で長持ちさせる方法「涼しいところへ置く」

お花を長持ちさせる方法は「涼しいところへ置く」ことです。

気温が高い部屋に置いておくと、水の温度が上がり細菌が繁殖しやすくなりお花を傷めてしまいます。

出窓などの直射日光を浴びてしまう場所も要注意です。

また、エアコンの風を直接あててしまうと乾燥し過ぎてしてしまうので、注意をはらうことが必要です。

お花の種類によってふさわしい温度や管理の仕方があります。

お花の生きやすい環境を整えることが長持ちをさせる重要なポイントです。

まとめ

いかがでしたか?

花を花瓶で長持ちさせる方法6選は

「水揚げをする」

「茎をよく洗う」

「毎日お水を入れ替える」

「花瓶を清潔に保つ」

「花と花を接触させない」

「涼しいところへ置く」

でした。

毎日忘れずに手入れをしたらお花は長持ちしてくれます。

参考にしてみてくださいね。

コメント